研究部門

研究・教育ユニット

アントレプレナーシップ部門

イノベーション創出とアントレプレナーシップ(企業家精神、企業家活動)との関連性に関する広範な課題を研究テーマとして取り上げます。国際比較の視点からの分析も視野に入れながら、わが国が抱える課題とそれに対する対策のあり方を提言することを目的としています。

忽那憲治 教授
部門長 忽那憲治

進行中のプロジェクトの紹介

 本部門では、①イノベーション創出のための科学技術アントレプレナーシップに関する研究と、②シリアルアントレプレナーを輩出するエコシステムの創造の研究の2つのテーマに取り組みます。具体的には、①については、日本における大学発の科学技術ベンチャーの創出の仕組みを調査し、成果を上げている大学は何が違うのか、成果を上げることができていない大学は何が問題かを明らかにし、大学の研究成果及び事業化シーズの社会実装に向けた実践的な提言をまとめること目指します。②については、シリアルアントレプレナーの登場の背景を分析し、今後さらにその母数を増やしていくにはどういう政策が必要かを分析します。