プロジェクト

プロジェクト

Ⅳ 市場研究部門

①人、企業の行動および企業間関係の研究

思考と意思決定に関する神経経済学的研究
構成メンバー
(★はプロジェクトリーダー)

★西村和雄(センター・特命教授)
山地秀俊(経済経営研究所・教授)
瀋 俊毅(経済経営研究所・教授)
加藤五郎(California Polytechnic State University、数学科・教授)
岩木直(産業技術総合研究所、研究グループ長)
福山秀直(京都大学医学研究科・特任教授)

研究の目的と概要

人は、それぞれの目的に照らして、現実を認知し、意思決定を行う。認知のあり方が異なれば、行動も異なってくる。本研究は、人間の行動が人の認知や思考とから、どのように説明付けられるかを研究し、人間の意思決定と行動の合理性を研究する。人の意識や認知のあり方を説明する数学モデルを構築して、アンケートに基づいて、思考のタイプと意思決定を分析し、脳磁計やfMRIを用いて、脳活動の計測を行う。

異質な経済主体の共存は、経済モデルに於いても、今後、研究していかなければならない重要な想定であり、また、個人の異質性は、心理学や脳科学でも、病的なケースを除いて十分に研究されていない、言わば残された重要な問題の1つに光を与えるのが本研究の目的である。